カスタムメイドの高級理美容鋏(ハサミ)パーツなら、名古屋東海地方を拠点に活躍。愛知県常滑市の(有)忠圀鋏製作所(ただくにはさみ)
忠圀鋏製作所
忠圀の技術が活きる製品ギャラリー
製品の特徴
発注から納品まで(製造工程)
FAQ よくある質問
会社概要
トップページ
TADAKUNI
メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
有限会社忠圀鋏製作所
〒479-0817 愛知県常滑市熊野町2-39 TEL/0569-35-4071 FAX/0569-35-6171 MAIL/info@tadakuni.com
FAQ よくある質問
Q. 忠圀(ただくに)の名前の由来は?
A. 創業者の磯村肇が大工道具のノミ、カンナの鍛冶屋として修行をし、独立した際につけた名前です。
のれん分けでは漢字一文字(忠)を継承し、自ら一文字(圀)をつけて忠圀となりました。


Q. ロストワックスとは何ですか?
A. ロストワックスとは指輪やゴルフのアイアンなどを作る際にも使われる精密鋳造技術の名称です。
型にロウを流して原型をつくり、石膏などに埋めます。
石膏を焼くことで原型のロウ(ワックス)を溶かし、そこへ溶かした鉄を流し込み複製品を鋳造する技術です。
ある程度複雑な形でもロストワックスの技術を使えば複製することが可能になります。


Q. 材料にコバルトが入っていると硬くなるのですか?
A. コバルト自体で硬度がでるわけではありません。
コバルトは添加物として素地を強化して炭化物の脱落を防止しています。
これによって刃持ちが持続し、柔らかい切れ味を実現しているのです。


Q. スーパーゴールド材でバフ仕上げについて
A. スーパーゴールド材にバフ仕上げを施した場合、通常の青棒と布バフとの組み合わせでは上手く光沢が出ません。
黒く光らずに白っぽく仕上がってしまいます。
これは粉末特殊鋼というスーパーゴールドの性質と青棒との相性が悪い結果です。
色々な研磨材を研究した結果「チタン用」の研磨材と相性が良いようです。
身近で手に入らない場合は当社で特注している研磨材を販売していますのでご用命下さいませ。



 
▲ ページトップヘ
TADAKUNI まずはご相談・お問い合わせください
TADAKUNI メールでのお問い合わせ
Copyright(C) 2006 TADAKUNI HASAMI.,LTD. Allrights reserved
カスタムメイドの高級理美容鋏(ハサミ)パーツなら、名古屋東海地方を拠点に活躍。愛知県常滑市の(有)忠圀鋏製作所(ただくにはさみ)
Powerd by Riplus